相続の悩み事事例 Q&A

相続税がいくらかかるか知りたい。

不動産(土地・建物)を相続時に子供達がもめないように分割して渡したい。

相続生前対策をしたい。

遺言書の書き方がわからない。

相続前に借地・借家の整理をしたい。

小作人(農地貸借権)の整理をしたい。

共有不動産があります。問題ありませんか。

自宅等の不動産分割(子供の建物がある親の土地)はできますか。

子供がいません。相続時問題になりますか。

親が認知症のようです。どのようにすればよいですか。

二次相続(配偶者死亡)が迫っています。心配です。

親が離婚しています。相続時に問題はありますか。

父が老人ホームで知り合った人と再婚したいと言っています。

相続対策と相続税対策は違いますか。

納税資金(預貯金)がありません。

親との同居の長男は、他の兄弟より多く遺産を取れますか。

貸付金は相続財産でしょうか。

 相続税がいくらかかるか知りたい。

相続税とは、個人が被相続人(亡くなられた人)の財産を相続や遺贈により取得した場合に、その取得した財産の価格を基に課税される税金です。
相続税の算出は、受け取る遺産(不動産・保険金・預貯金等の金融資産・株式など)を課税価格として評価することから始めます。

▲ページの先頭へ

 不動産(土地・建物)を相続時に子供達がもめないように分割して渡したい。

不動産をわける方法は大きく4つの方法がある。第一は現物分割で、不動産を現物分割で、そのままの状態で分化する方法。第二は、換価分割で、不動産を売却して、売却代金を分割する方法。第三は、代償分割という方法で、不動産を相続した相続人が、自分の預貯金を使って、他の相続人に金銭で支払う方法。第四は、共有です。不動産の分割は容易ではありません。ご相談ください。

▲ページの先頭へ

 相続生前対策をしたい。

生前対策1:財産の確認・整理をする。
  生前対策2:財産を分けられるようにしておく。
  生前対策3:納税資金の準備をしておく。
  生前対策4:遺産分割計画を立てる。
  生前対策5:節税対策をする。
  ※相続税対策のフローチャート

▲ページの先頭へ

 遺言書の書き方がわからない。

遺言とは、人(被相続人)の意思を、法律をもって保護し、実現させる制度です。遺言でなければできないこと(遺言の効力)遺言書の種類などが決められています。遺言欄参照してください。
※自筆証書遺言 / 公正証書遺言 / 検認

▲ページの先頭へ

 相続前に借地・借家の整理をしたい。

貸宅地は不良資産の最たるもの、これを整理して更地・現金にかえることにより相続税の納税資金の確保や、相続人間で資産分割対策、有効活用での税軽減対策を考える。
同時に借地・借家契約見直し等もおこなう。

▲ページの先頭へ

 小作人(農地貸借権)の整理をしたい。

小作地(貸借権設定)は、延納の担保、物納ができません。整理が必要です。

▲ページの先頭へ

 共有不動産があります。問題ありませんか。

不動産は分割が難しいので、とりあえず共有で相続をすると、すべての共有者の同意がないと活用・売却が出来ません。相続人にさらに相続が発生すると、権利者が増えて更に複雑になります。

▲ページの先頭へ

 自宅等の不動産分割(子供の建物がある親の土地)はできますか。

自宅不動産の分割はきわめて困難です。建物に住宅ローンなどがある場合など、確実に建物所有者(子供)に相続が出来るように対策が必要です。

▲ページの先頭へ

 子供がいません。相続時問題になりますか。

両親(第二順位)が亡くなっていて、夫の相続が起きた場合、法定相続人は、妻(配偶者)と夫の兄弟姉妹(第三順位)となります。兄弟姉妹から遺産分割の請求があれば、応じなければなりません。
※相続系統図

▲ページの先頭へ

 親が認知症のようです。どのようにすればよいですか。

医者の診断により、判断能力判定について、後見・補佐・補助相当に該当すると、自己の財産を管理・処分することを規制されます。預貯金の引き出し、契約行為などが出来ません。成年後見制度を利用することになります。

▲ページの先頭へ

 二次相続(配偶者死亡)が迫っています。心配です。

二次相続には、配偶者の税額軽減の特例措置がありません、相続税の把握・対策が必要です。親が亡くなり、子供同士。兄弟姉妹同士の遺産分割の話し合いが始まります。1次相続の不満が爆発する可能性あり。

▲ページの先頭へ

 親が離婚しています。相続時に問題はありますか。

婚姻関係での子供は相続人になります。先妻の子供、愛人の子供でも認知により相続人となります。
※相続系統図

▲ページの先頭へ

 父が老人ホームで知り合った人と再婚したいと言っています。

婚姻が成立すれば配偶者となり、1/2の相続の権利が発生します。財産目当ての婚姻があるかもしれません。要注意。

▲ページの先頭へ

 相続対策と相続税対策は違いますか。

相続税が発生するには基礎控除(5,000万+1,000万×相続人数)を超える部分について税金がかかります。納税の為の対策が必要とともに、すべての相続には相続資産の分割が必ず起きます。相続が争族とならないように、事前の対策が必要です。

▲ページの先頭へ

 納税資金(預貯金)がありません。

資金がない場合は物納することになりますが、国税当局は相続人の資産まで申告させ、即納(現金納付)、延納にこだわります。納税申告費用も必要になりますので、資金の確保が必要です。

▲ページの先頭へ

 親との同居の長男は、他の兄弟より多く遺産を取れますか。

法定相続では取れません。寄与分や特別受益は簡単にはわからないし、判断が難しい。父の介護をどうやって評価するのか、法律では決められていない。

▲ページの先頭へ

 貸付金は相続財産でしょうか。

貸付金は相続財産になります。身内の会社への貸付金で返済の見込みがないものは早急に処理が必要。被相続人と相続人との間で生存中に行われた金銭の借用については、被相続人死亡と同時に残金の返済義務を免除する(死亡時債務免除特約付借用書)等。

▲ページの先頭へ